自分に合った最高の銀行印

銀行印イメージ

銀行印は自身の財産を管理するのに必要になってくる印鑑です。そのため、やはり品質の良い印鑑を使用したいところですね。
印鑑の最高級といえば、やはり象牙や黒水牛などの自然素材を使った印鑑ではないでしょうか。

象牙は国内への輸入が制限されているのもありますが貴重な素材ですし、水牛は使う部位によって押しやすさや紙への写り具合も変わってきます。
中でも角の芯の部分を使った印鑑は、印鑑としてはとても良いものができあがります。

やはり貴重な部分を使っている印鑑はやはり高品質で、高級な印鑑が作れる傾向にあるのでしょう。
昔から象牙や水牛の印鑑は親しまれていますが、その理由はやはり使い心地や写りの良さなども理由の一つなんだとおもいます。

また、最高と言える印鑑を作るにはこうした素材を使用するほかにも、さらに職人に手彫りで名前をいれてもらうのがよいでしょう。
せっかくとても良い素材を使っているのに、押印部分が機械で掘ったものなどでは、素材が泣いてしまいます。また悪用などもされやすくなりますから、特徴をつけるためにもなるべく手彫りの印鑑をおススメしたいですね。

最近では水牛や象牙の他にも、チタンなどの金属印鑑や宝石印鑑など、新しい素材もでてきています。
使い心地や使い勝手はやはりそれぞれ違いますが、最近では見た目にもこだわりたいと言う人が増えてきて、若い人を中心に銀行印のあり方も変わってきています。
こうしたさまざまな印鑑を比べて、自分に合った最高の銀行印を用意できるとよいですね。

ページの先頭へ