偽造されない印鑑づくり

銀行印イメージ

銀行印は、印鑑部分がゴム印でできているシャチハタは使用することができません。
ゴム印は変質しやすく、同じ形の印が押せないことが多々あるため、銀行印として機能しないため銀行印にすることができないのです。

銀行印は銀行に預けたお金などを管理するための重要な印鑑です。
ですから、シャチハタなどのゴム印は重要な役割を果たせませんから、登録ができません。
シャチハタに限らず、三文判などの印鑑の形が量産されたタイプの印鑑も、銀行印としてはあまりふさわしいとは言えません。

あまり使わない人もいるかもしれませんが、銀行印は自分の財産を管理するための大切なものです。
それを、誰かに悪用されやすい印鑑で登録を済ませてしまうのは、あまりにも不用心が過ぎるのではないかと思います。
銀行印は口座を開くときにだけ使って、あとは使わないししまっておくだけ、なんて思っている人もいるのではないでしょうか?
銀行印は金融機関で取引される事柄の要所要所に必要になってきます。
そのため、意外とずーっとしまっておくということはなく、持ち歩くことだってあります。

その際に、もし銀行印を誤って人に見せてしまったり、なくしてしまったりすれば、一気に自分の財産の危機になりかねません。
通帳とセットにしないと効果がない印鑑かもしれませんが、それでもなくなってしまえばそれだけ自分に被害が降りかかるリスクが高くなるのです。
コピーされやすい三文判や、既製商品の印鑑など、簡単に偽造されるような印鑑は極力避け、手彫りなどオリジナリティのある印鑑を銀行印にしましょう。

ページの先頭へ